平日の過ごし方

中学校のクラブ活動に比べて練習時間は?

この質問は大変良く受ける質問です。
一見クラブチームは休日のみ、学校は毎日なので学校の方が練習時間は多いのでは?と考えがちです。

サラリーマンの年間休日は1年の3分の1で120日程度。
加えて春夏冬休みのある学生は年間の半分が休日です。
八王子シニアは土日祭日の全てと、夏休み平日の週2日程度を活動に当てています。
学年別活動で自分の為に練習時間を目一杯使って、水曜日は16:00から自由参加練習を行なっています。

かたや学校では平日も毎日練習ですが、2時間程度で下校時間となり、指導者も設備も限られ、グランドも他のクラブと共用です。
土日もフルでグランドを使えるところは少ないでしょう。
練習の密度がかなり違うと思います。
中学生の肩の健康を考えても、休日に目一杯野球をやり、平日は塾に通ったりしてボールは投げないというパターンは、身体にも勉学との両立の観点からも良いサイクルではないかと思います。

水曜日の自由参加練習は16:00から行いますが、月・火・木・金の4日間はシニアの活動はありません。
この曜日に学習塾に通う選手は多くいます。
成績の高い選手もかなり居ます。
当然、学校のクラブ活動に参加している選手も多くいます。
軟式ボールと硬式ボールを交互に投げるのは肩に良くないので、野球部に入っている選手は居ません。
シニアには運動能力の高い選手が多く、特に陸上では全国クラスの成績を修める者も珍しくありません。
そういう選手の中には、強い学校の薦めで陸上の素質を伸ばしたいとシニアを退団して転向する者もいますが、個々の秘められた素質を他種目のスポーツを行いながら発見して行くのは、大変いい事だと思います。
こんな前向きな退団なら、喜んで送り出します。
勉強にしても、他種目の競技にしても、休日主体のクラブチームだからこその良さがここにあります。

平日の自主トレにも恵まれた環境を提供

指導者が市内に経営するバッティングセンターには、お客様向けの営業用設備とは別の空き地に、指導者自ら手作りで作った硬式用バッティングケージが1箇所あります。
ここは常に八王子シニア選手の為だけに解放されており、学校が終わった選手たちは誘い合って毎日のようにここに集まります。
友達同士でどうせ遊ぶならここで打ちながらとか、塾までの空き時間にここで打ち込んでからと、自分たちの都合に合わせて利用しています。
もちろん学年に関係なく、1年生も順番で打っています。
いくら打っても無料!しかも硬式!
こんな日常的に恵まれ過ぎる程の環境が「打の八王子」を生み出しています。

★★★ 誤解なく節度を持って利用しましょう! ★★★

※営業用設備の利用はシニア選手も有料です。
※開放されている設備は営業設備とは別です。
※ボール入れ係が必要です。一人では打てません。誘い合って行きましょう。
※最後にグラウンド整備・球拾いをしてゴミ片づけもきちんとしましょう。