八王子シニアニュース 速報
 2015.11.15  Vol.2

 前号では、OBの活躍を中心に触れましたが、今回は、現役選手の活躍を中心にスポットを当ててみます。11月には『1年生育成大会』を見事優勝!現在、開催中の『東京中日スポーツ新聞社杯大会』も優勝を目指して頑張って欲しいものです。
そして、この大会をもって今年の公式戦は終了します。
 引退した3年生は、甲子園有力校や強豪校そして地元公立校へと、様々な進路の選択があり、一部選手は既にスポーツ推薦入学が内定するなど、次のステージでの活躍が大いに期待されますね。頑張ってください。
 それでは、今年の各学年の活躍を取り上げてみます。
 シニア関東連盟西東京支部の主な公式戦ですが・・・

 3年生 福生ライオンズ杯大会2年ぶり優勝!

  西東京支部公式戦(参加31チーム)の4〜5月に実施。
   決勝戦

 

町 田S

 

 

 

 

 

 

 

八王子S

 

 

 

 

 

 

 

1×

 


2年生 西東京支部関東大会予選4年ぶり優勝!

  西東京支部公式戦(参加31チーム)の8〜9月に実施。
   決勝戦

 

八王子S

 

 

 

 

 

 

 

 

町 田S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、上位大会の関東連盟大会(210チーム登録)は、準々決勝で惜敗(ベスト8)でした。


 1年生 西東京支部育成大会5年ぶり優勝!


  西東京支部公式戦(参加38チーム)の9〜11月に実施。
   決勝戦

 

武蔵府中S

 

 

 

 

 

 

10

八王子S

 

 

 

 

 

 

 4×

 11



今年は、各学年とも西東京支部の主だった公式戦で優勝する快挙を成し遂げました。

これだけの実績は、有望な素質を持った選手の入団はもちろんですが、それを更に開花させた熱心な指導者が平日・休日練習も含めたうえでの成果です。
 引き続き、来年以降もこの戦跡が残せるように日々練習に勉強(野球以上に頑張れ!)に精進していきましょう! なお、OB選手の活躍も若干触れます。 第41回社会人野球日本選手権が10月30日から11月9日まで京セラドーム大阪で開催されました。

OB選手も何人か出場していましたが、その中で、準優勝チームのホンダ(埼玉県)に今春、上武大学を卒業した石川賢太郎選手が出場しました。決勝戦の試合は、日本生命(大阪府)が3対2で優勝しましたが、惜しくも準優勝したホンダの先発メンバーとして出場し、7番DHで出場し3打数1安打の活躍でした。
 なお、石川選手は、準々決勝から先発メンバーでまた、他のチームからは、富士重工(群馬県)から大熊選手、三菱重工広島(広島県)から佐々木選手も出場していました。
 こうして、OB選手達も頑張っているので現役選手も来春に向け、厳しい冬のトレーニングに励んでください。

来春も有望な新1年生を迎え『常勝八王子シニア』を継続していくぞ!

八王子シニア 事務局 遠藤・金子


直線上に配置